クロスハンターのパクリ疑惑の真相は?およぼす影響とは?

当ページのリンクには広告が含まれています。
ゲーム機
【PR】当サイトおすすめ家具通販サイト
  • 今の時代を取り入れた、高感度の家具をリーズナブルな価格で提供。
  • テレビドラマやCMでの美術協力多数!

クロスハンターというゲームが存在します。このゲームは一部のプレイヤーから熱烈な支持を受けていますが、同時に「パクリ」の疑惑にも晒されています。

特に、そのキャラクターデザインやゲームシステムが他の有名なゲームに酷似しているとの指摘があります。

しかし、これらの疑惑は本当に事実なのでしょうか?また、これらの疑惑がクロスハンターとその作者にどのような影響を及ぼしているのでしょうか?

本記事では、「クロスハンター パクリ」疑惑の真相を探り、その影響を詳しく解説します。

  1. クロスハンターのパクリ疑惑の具体的な内容とその背景
  2. クロスハンターのゲームシステムやキャラクターデザインが他の有名作品とどのように類似しているか
  3. クロスハンターの作者カイマコトの立場と彼に対する一部の評価
  4. クロスハンターに対するファンの反応とその現状
AJIMURA-SHOP
¥5,900 (2024/02/05 01:06時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング
目次

クロスハンター:パクリ疑惑の真相

疑問を抱いている女性

クロスハンターというゲームがパクリ疑惑に包まれています。この記事ではその真相を探ります。

  • クロスハンターとは何なのか?
  • クロスハンターのゲームシステムとパクリ疑惑
  • クロスハンターの主人公デザインとパクリ疑惑
  • クロスハンターのドラゴンボールとの関連性
  • クロスハンター作者カイマコトの立場
  • クロスハンターの現在:ファンの反応と意見

クロスハンターとは何なのか?

剣

クロスハンターは、2001年にネットビレッジから発売されたゲームボーイカラー専用のロールプレイングゲームです。このゲームは、主人公や細部が異なる「モンスターハンターバージョン」、「トレジャーハンターバージョン」、「エックスハンターバージョン」の3バージョンが同時に発売されました。

しかし、そのゲームシステムやキャラクターデザインが他の有名なゲームに酷似しているという理由で、パクリ疑惑が浮上しています。

クロスハンターのキャラクターデザインを務めたカイマコトによる漫画も連載されましたが、こちらもパクリ疑惑が浮上しています。

漫画版の主人公の表情、敵の表示、攻撃までもが他の有名な漫画に酷似していると指摘されています。

これにより、「カイマコト」は模写の天才だという評価もありますが、一方で著作権法違反で訴えられなかったのが凄いという意見も存在します。

クロスハンターのゲームシステムとパクリ疑惑

クロスハンターは、2000年にコミックボンボンの読者参加型ゲームソフト制作企画『史上最強のRPG計画』において開発されたゲームです。

そのゲームシステムやキャラクターデザインが「ドラゴンクエスト」や「ポケットモンスター」に酷似しているという理由で、パクリ疑惑が浮上しました。

このゲームは、主人公や細部が異なる「モンスターハンターバージョン」、「トレジャーハンターバージョン」、「エックスハンターバージョン」の3バージョンが同時に発売されました。

しかし、どのバージョンも主人公が違うだけで内容はほぼ同一の粗末な物であったとされています。

また、主人公のデザインもパクリを指摘されています。

「トレジャーハンターバージョン」の主人公・ロープは『ドラクエVI』のテリーと『FFVI』のロック・コールを継ぎ接ぎしたようなデザインで、「エックスハンターバージョン」の主人公・ヒュウガは、アニメ『発明BOYカニパン』の主人公カニパンのようなデザインで、「モンスターハンターバージョン」の主人公・シローは『ドラゴンボール』の孫悟空のパクリと推測されています。

シルバーリーフ 楽天市場店
¥720 (2024/02/05 01:08時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング

クロスハンターの主人公デザインとパクリ疑惑

クロスハンターの主人公デザインについては、各バージョンで異なるキャラクターが登場しますが、そのデザインが他の有名なゲームやアニメキャラクターに酷似しているとの指摘があります。

「トレジャーハンターバージョン」の主人公・ロープは、『ドラゴンクエストVI』のテリーと『ファイナルファンタジーVI』のロック・コールの特徴を合わせたようなデザインとされています。

また、「エックスハンターバージョン」の主人公・ヒュウガは、アニメ『発明BOYカニパン』の主人公カニパンに似たデザインと指摘されています。

さらに、「モンスターハンターバージョン」の主人公・シローについては、『ドラゴンボール』の孫悟空のパクリと推測されています。

この推測には、漫画版クロスハンターの影響が大きいとされています。

これらの指摘は、ゲームのキャラクターデザインが他作品からの盗作疑惑を持たれていることを示しています。

しかし、これらのキャラクターが他作品からの影響を受けているという指摘は、一部の視点から見た意見であり、全てのプレイヤーや評論家が同じ見解を持っているわけではありません。

クロスハンターのドラゴンボールとの関連性

ゲームをしている子ども

クロスハンターとドラゴンボールとの関連性は、特に「モンスターハンターバージョン」の主人公・シローのデザインに見られます。

シローのデザインは『ドラゴンボール』の主人公、孫悟空に酷似しているとされ、これがパクリ疑惑の一因となっています。しかし、これはあくまで推測であり、公式な確認はされていません。

さらに、クロスハンターの漫画版にもドラゴンボールとの類似性が指摘されています。

その表現や描写、さらにはシーンの構成までがドラゴンボールに酷似しているとの指摘があります。

しかし、これもまた証拠があるわけではなく、あくまで一部の意見として存在しています。

このような疑惑が浮上した背景には、クロスハンターが「史上最強のRPG計画」という名の下に、読者からのアンケートを元にゲームを作り、さらに漫画家「カイマコト」氏がキャラクターデザインとコミカライズを担当したことがあります。

この企画の結果、クロスハンターは「史上最「凶」のRPG」とも揶揄されるほどの出来となり、その一部としてパクリ疑惑が浮上したと考えられます。

しかし、これらの疑惑はあくまで推測に過ぎず、公式な確認や証拠は存在していません。

そのため、クロスハンターとドラゴンボールとの関連性については、あくまで一部の意見として捉えるべきです。

クロスハンター作者カイマコトの立場

クロスハンターの作者、カイマコトについての情報は、彼の作品に対する評価やパクリ疑惑についての詳細を含んでいます。

彼の作品、特にクロスハンターは、そのゲームシステムやキャラクターデザインが他の有名なゲームに酷似しているという理由で、模倣疑惑が浮上しています。

これは、主人公のデザインが他のゲームキャラクターに類似しているという指摘から来ています。

例えば、「トレジャーハンターバージョン」の主人公・ロープは『ドラゴンクエストVI』のテリーと『ファイナルファンタジーVI』のロック・コールを継ぎ接ぎしたようなデザインと言われています。

また、「モンスターハンターバージョン」の主人公・シローは『ドラゴンボール』の孫悟空のパクリと推測されています。

カイマコト自身はこれらの疑惑について公式には何もコメントしていませんが、彼の作品に対する評価は非常に厳しいものが多いです。

特に、彼の作品が他の作品からの模倣や盗作が多いという指摘があります。

しかし、彼が自身の作品に対してどのような思いを持っているのか、ある程度推測することができます。

それにもかかわらず、彼の作品は一部の読者からは評価されていたようです。

クロスハンターの現在:ファンの反応と意見

クロスハンターは、そのパクリ疑惑の影響で一部のファンからは否定的な意見が出ています。

しかし、その一方で、ゲームの楽しさやキャラクターの魅力を理由にクロスハンターを支持するファンも存在します。特に、2015年末には、Amazonのゲームボーイソフト売上ランキングにてクロスハンターが突如上位ランクインを果たし、その中でも「モンスターハンターバージョン」は時間帯によって売上1位を記録するなど、一部で再評価の動きも見られました。

これは、同年11月に人気ゲーム「モンスターハンタークロス」が発売された影響とも推測されています。しかし、この売り上げの背後には、転売屋のAmazon監視ツールが全ワード一致してしまった結果という説も囁かれています。

このように、クロスハンターの現在は、否定的な意見と再評価の動きが交錯する複雑な状況となっています。

クロスハンター:パクリ疑惑を超えて

クロスハンターはパクリ疑惑に包まれていますが、それを超えて見ると、他にも注目すべきポイントがあります。

  • クロスハンターのモンスターハンターバージョンとパクリ疑惑
  • クロスハンターの打ち切りとその影響
  • クロスハンターの単行本とその評価
  • クロスハンターとベルセルク:比較分析
  • カイマコトのTwitterとクロスハンターに対する反応

クロスハンターのモンスターハンターバージョンとパクリ疑惑

クロスハンターの「モンスターハンターバージョン」は、その主人公のデザインが人気アニメ『ドラゴンボール』の主人公、孫悟空に酷似しているという理由から模倣疑惑が浮上しています。

しかし、その疑惑を超えて、このバージョンは独自のゲームシステムやストーリーを持ち、その新鮮さからプレイヤーの間で高い評価を得ています。

特に、モンスターとのバトルシステムは独特で、プレイヤーは30種類以上のモンスターと対戦することが可能です。この独自のバトルシステムがゲームの魅力の一部となっており、プレイヤーからの支持を集めています。

クロスハンターの打ち切りとその影響

クロスハンターは、パクリ疑惑の影響もあり、あまり長くは続かなかったと言われています。

しかし、その短い期間にも関わらず、多くのファンを獲得しました。打ち切り後も、そのファンはクロスハンターの世界観やキャラクターを愛し続けています。

クロスハンターの単行本とその評価

クロスハンターの単行本は、ゲームの世界観をより詳細に探求するための重要なリソースとなっています。

しかし、これらの単行本もパクリ疑惑の影響を受けており、評価は一様ではありません。一部のファンは、単行本を通じてゲームの世界観をより深く理解できると評価しています。

しかし、他の一部のファンは、単行本の内容がオリジナル性に欠けると感じています。それにもかかわらず、これらの単行本はクロスハンターの世界観を深く掘り下げるための重要なツールとなっています。

クロスハンターとベルセルク:比較分析

クロスハンターとベルセルクを比較すると、両者ともにダークな世界観を持つ点で共通しています。

しかし、その表現方法やキャラクターの描き方は大きく異なります。この点から、クロスハンターが他の作品を参考にしながらも、独自の世界観を持っていることがわかります。

カイマコトのTwitterとクロスハンターに対する反応

カイマコトは、自身の作品である”クロスハンター”に対する熱意と思い入れをTwitterを通じて表現しています。

しかし、彼の作品はパクリ疑惑により批判の対象となっており、その影響は彼のTwitter活動にも見られます。彼の作品は、特に”ドラゴンボール”からの影響が強く指摘され、その結果、彼の作品に対する評価は分かれています。

一方で、彼の作品に対する熱意は一部のファンから高く評価されています。彼のTwitterでは、ファンからの質問に対する回答や、作品に対する彼自身の見解などが見られます。これにより、彼の作品に対する深い思い入れと熱意が伝わってきます。

しかし、彼の作品に対する評価は一部のファンからの支持にもかかわらず、全体的には否定的な意見が多いです。パクリ疑惑の影響は大きく、その結果、彼の作品と彼自身の評価は大きく影響を受けています。

クロスハンター:ひどいとされる理由

クロスハンターが「ひどい」と評される理由は多岐にわたります。

その一つは、他の有名なゲームやアニメからの模倣疑惑です。例えば、ゲームシステムやキャラクターデザインが「ドラゴンクエスト」に酷似しているとの指摘があり、また、仲間のペットがピカチュウに似ているとの声もあります。

さらに、主人公のデザインも他の作品からの模倣を指摘されています。

しかし、これらの模倣疑惑だけでなく、ゲーム自体の出来も問題視されています。具体的には、BGMの不快さ、ダンジョン内でのセーブ不可、高いエンカウント率と広すぎるマップ、シンプルすぎる戦闘、ペットのAIの出来の悪さ、主人公の弱さ、寒いシナリオ、劣悪なUI、頻繁にデータが消えるバグなどが挙げられます。

これらの要素が組み合わさった結果、クロスハンターは「ひどい」と評されるようになりました。

ネットオフ 送料がお得店
¥3,078 (2024/02/05 01:10時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング

クロスハンターパクリ疑惑のまとめ

議論している男女

本記事のポイントをまとめます。

  1. クロスハンターは2001年にネットビレッジから発売されたゲームボーイカラー専用のロールプレイングゲーム
  2. ゲームシステムやキャラクターデザインが他の有名なゲームに酷似しているという理由で、パクリ疑惑が浮上
  3. クロスハンターのゲームシステムやキャラクターデザインが「ドラゴンクエスト」や「ポケットモンスター」に酷似しているという理由で、パクリ疑惑が浮上
  4. 主人公のデザインもパクリを指摘されている
  5. クロスハンターの主人公デザインについては、各バージョンで異なるキャラクターが登場するが、そのデザインが他の有名なゲームやアニメキャラクターに酷似しているとの指摘がある
  6. クロスハンターとドラゴンボールとの関連性は、特に「モンスターハンターバージョン」の主人公・シローのデザインに見られる
  7. クロスハンターの作者、カイマコトについての情報は、彼の作品に対する評価やパクリ疑惑についての詳細を含んでいる
  8. クロスハンターが「ひどい」と評される理由は多岐にわたる
  9. クロスハンターの現在は、否定的な意見と再評価の動きが交錯する複雑な状況となっている
  10. クロスハンターはパクリ疑惑に包まれているが、それを超えて見ると、他にも注目すべきポイントがある
  11. クロスハンターの作者カイマコトは、自身の作品に対する熱意と思い入れをTwitterを通じて表現している
目次