高額なのにはワケがある!一軒家のシロアリ駆除、値段とその価値

当ページのリンクには広告が含まれています。
シロアリのいる家
【PR】当サイトおすすめ家具通販サイト
  • 今の時代を取り入れた、高感度の家具をリーズナブルな価格で提供。
  • テレビドラマやCMでの美術協力多数!

本記事は、シロアリ駆除の重要性とその価値について詳しく説明しています。

シロアリ駆除は一軒家の保全にとって重要な作業であり、その値段はその価値を反映しています。シロアリ駆除のプロセスは専門的な知識と技術を必要とし、一軒家全体の安全を確保するためには、適切な手段とコストが必要となります。

この記事では、シロアリ駆除の価値とその必要性について、具体的な事例とともに詳しく解説しています。

  1. シロアリ駆除の一般的な価格範囲とその要因
  2. シロアリ駆除の方法とそれぞれの特徴
  3. シロアリ駆除業者の選び方と注意点
  4. シロアリ駆除後のメンテナンスとその重要性
目次

シロアリ駆除の費用: 一軒家の場合

シロアリ駆除・点検

シロアリ駆除の費用は、一軒家の場合、さまざまな要素によって変動します。

その中でも主に影響を与える要素として、家の大きさ、シロアリの種類、侵入範囲、そして選択する駆除方法が挙げられます。

  • 戸建てのシロアリ駆除費用はいくらですか?
  • シロアリ駆除はなぜ高い?
  • シロアリ駆除費用:30坪の場合
  • シロアリ駆除で100万かかるケースは?

戸建てのシロアリ駆除費用はいくらですか?

シロアリ駆除の費用は、一軒家の大きさやシロアリの種類、侵入範囲、そして選択する業者やその施工方法により大きく変動します。

一般的に、30坪の一軒家のシロアリ駆除の費用相場は約9万円から30万円程度とされています。

また、業者の規模によっても費用は変わります。個人経営などの小規模業者の料金は9万円から20万円、全国展開の大規模業者は20万円から30万円が相場となっています。

さらに、業態によっても費用相場は異なります。大手上場企業や農協などでは、坪当たり約10,000円(約3,000円/㎡)、地域密着型の中小企業では坪当たり約5,000~9,000円(約1,515~2,700円/㎡)、フランチャイズやインターネット集客型業者では坪当たり約4,000円(約1,200円/㎡)、個人経営業者では坪当たり約2,400円(約800円/㎡)となっています。

しかし、これらの費用はあくまで目安であり、具体的な費用はシロアリの侵入範囲や駆除方法、そして業者の見積もりによります。

大規模な侵入が見られる場合や、特殊な駆除方法を必要とする場合は、費用が上昇する可能性があります。

シロアリ駆除業者おすすめ2選

シロアリ110番 」、「害虫退治屋さん」のそれぞれの料金とおすすめポイントを表にまとめました。

会社名料金おすすめポイント
シロアリ110番 1,320円/㎡1. 日本全国にある加盟店283店のネットワークで24時間365日年中無休のスピード対応 2. 施工単価が業界では最安値級となる、1㎡あたり1,320円の全国一律価格 3. 業界標準となる5年間保証も付帯し、上限3億円の損害保険にも加入済み
害虫退治屋さん4,500円〜1. 全国最安クラスの料金設定 2. 最短30分で駆けつけ、日本全国24時間対応可能 3. 1年間の無料点検と最長10年の再発保証あり

なお、最新の情報や詳細については各会社に直接お問い合わせください。また、料金は地域や具体的な駆除内容により変動する可能性があります。

シロアリ駆除はなぜ高い?

シロアリ駆除が高額になる主要な理由は、その作業が専門的な知識と技術を必要とし、また物理的にも過酷であることです。具体的には、シロアリの種類や生態を理解し、適切な駆除方法を選択し、実行するためには、専門的な訓練を受けたプロフェッショナルが必要です。

さらに、シロアリ駆除作業は、家の床下など狭く暗い場所で行われることが多く、作業者はほふく前進で移動しながら、大量の薬剤を床下や土壌にムラなく丁寧に撒かなければならないため、物理的にも過酷です。

この作業は約5時間以上もかかることが一般的で、その間、作業者は防護服などを着用しながら作業を行います。

また、シロアリ駆除には特殊な器具や薬剤が必要で、これらのコストも費用に反映されます。

さらに、駆除後のフォローや保証など、長期的なサービスを提供する業者も多く、これらも費用に含まれます。

以上のような理由から、シロアリ駆除は一見すると高額に感じられるかもしれませんが、その背後には専門的な知識と技術、物理的な困難さ、そして長期的なサービス提供という要素が含まれていることを理解することが重要です。

シロアリ駆除費用:30坪の場合

30坪の一軒家におけるシロアリ駆除の費用は、一般的には約13万円から約32万円程度となります。

この範囲は、業者の規模や選択される駆除方法、さらにはシロアリの種類や侵入範囲による変動を反映しています。

具体的には、小規模な個人経営の業者では9万円から20万円、全国展開する大規模業者では20万円から30万円が一般的な相場となっています。

また、シロアリ駆除の費用は「シロアリ駆除(予防)費用」、「追加工事費用」、「追加料金」の3つの要素で構成されます。作業範囲の広さや工法、依頼先によって価格は上下し、作業難易度が上がると追加料金が発生することもあります。

なお、「調査費用」は基本的に無料ですが、床下点検口がなく、点検口設置工事が必要な場合は工事料金が発生します。

シロアリ駆除は一度行えば終わりではなく、定期的な対策が必要とされています。

シロアリ駆除に用いる薬剤の効果持続期間はおおよそ5年とされており、5年を目安にシロアリ駆除を依頼することが推奨されています。

以上の情報は、2023年時点のデータに基づいています。シロアリ駆除を検討する際には、最新の情報を確認し、複数の業者から見積もりを取ることをお勧めします。

シロアリ駆除で100万かかるケースは?

シロアリ駆除に100万円が必要になるケースは、通常よりも広範囲にシロアリの侵入が見られ、特別な駆除方法が必要となる場合や、家全体の防蟻処理を行う場合などに見られます。

これらの状況は、一般的なシロアリ駆除とは異なり、より専門的な知識と技術、そして時間が必要となるため、費用が増加します。

また、シロアリの種類や侵入範囲、家の構造などによっても費用は変動します。このような場合でも、高額な費用は家をシロアリから守るための重要な投資と考えることができます。

シロアリ駆除のサービスとその費用

点検業者

シロアリ駆除のサービスは、多くの業者が提供しています。その中でも、ダスキンや農協などが知名度が高く、多くの家庭で利用されています。

  • ダスキンのシロアリ駆除費用
  • 農協のシロアリ駆除料金
  • シロアリ駆除で補助金はでるの?

ダスキンのシロアリ駆除費用

ダスキンのシロアリ駆除サービスは、人と環境に配慮した施工を行い、専門的な知識と技術を活用してシロアリの駆除と予防を行います。

ダスキンでは、シロアリの種類と住まいの状況に応じて最適な駆除方法を提案し、バリア工法やベイト工法などの異なる駆除方法を用いてシロアリを効果的に駆除します。

また、ダスキンのシロアリ駆除サービスは、防除効果が5年間保証付きで、保証期間中には毎年1回の無料点検を実施します。これにより、シロアリ駆除後も安心して生活することができます。

費用は、一階床面積1m2あたり2,475円(税抜2,250円)で、1階床面積50m2(約15坪)までは一律123,750円(税抜112,500円)となります。ただし、作業内容や状況、サービス日時によって料金は変動する場合があります。

農協のシロアリ駆除料金

農協のシロアリ駆除サービスの費用は、一般的には数十万円から数百万円となりますが、具体的な数字を挙げると、一軒家(30坪)の場合、シロアリ駆除には約9万円から30万円ほどの費用がかかることが多いです。

この費用は、シロアリの種類、被害の程度、建物の構造などにより変動します。

また、40坪の家の場合は約26~27万円程度となります。

農協は地域密着型のサービスを提供しており、地元の状況をよく理解した上での駆除が可能です。

そのため、費用も地域や個々の状況により変動することがあります。また、農協は農業者だけでなく、一般の家庭でも利用することができます。

なお、シロアリ駆除は一度行ったからといって永久に安心できるものではありません。

シロアリ駆除、予防に用いる薬剤の効果持続期間は5年程度なので、5年を目安にシロアリ駆除、防除を依頼することが推奨されています。

シロアリ駆除で補助金はでるの?

シロアリ駆除に対する補助金の提供は、現在のところほぼ存在しません。

しかし、シロアリ駆除にかかる費用は、所得税の控除対象となる可能性があります。

これは「雑損控除」という制度で、自力で確定申告を行うことにより、シロアリ駆除にかかった費用を一部控除することができます。この控除は、業者にシロアリ駆除を依頼した場合に限ります。

雑損控除は所得控除の一種で、課税対象となる所得額を減らすことで、所得税を軽減する制度です。具体的な減税額は被害額や所得によって変わりますが、数万円程度の節税効果が見込めるでしょう。

シロアリ駆除による雑損控除を利用する際のポイントは以下の通りです:

  1. 申告のタイミング:確定申告(2/16~3/15)か還付申告(シロアリ駆除翌年1/1からの5年間)
  2. 必要な書類:シロアリ駆除の領収書、確定/還付申告書、源泉徴収書
  3. 申告方法:確定申告書または還付申告書にある雑損控除の欄に、シロアリ被害による損害について記載し、領収書などの必要書類を提示する
  4. 注意点:シロアリ予防や自力駆除は対象外

以上の情報を踏まえ、シロアリ駆除にかかる費用を節約するためには、雑損控除の制度を活用することを検討してみてください。ただし、詳細な手続きや控除額の計算については、税務専門家に相談することをおすすめします。

シロアリと家: 一軒家のシロアリ駆除の重要性

シロアリのいる家のイラスト

シロアリは、家の木材を食べることで知られています。そのため、シロアリが侵入すると、家の構造に重大なダメージを与える可能性があります。特に、一軒家の場合、シロアリの侵入は大きな問題となり得ます。

  • シロアリがいる家の特徴は?
  • シロアリの駆除は一軒家で何年ごとに必要?
  • シロアリに家をやられたら家は壊れるのか?
  • シロアリはどこから侵入してくるのか?
  • シロアリ駆除は必要ないのか

シロアリがいる家の特徴は?

シロアリが侵入している家には、以下のような特徴が見られます:

  1. 家の周辺で羽アリを見かける: 羽アリはシロアリの繁殖期に現れる成虫で、彼らが飛び立つことで新たなシロアリのコロニーが形成されます。羽アリを見かけた場合、家の近くにシロアリの巣がある可能性が高いため、注意が必要です。
  2. 家の中に粒状のフンを見つける: シロアリは木材を食べた後、粒状のフンを排泄します。このフンが家の中で目立つようになった場合、シロアリ被害が進行していることが考えられます。
  3. 床がふにゃふにゃとした感触になる: シロアリが床下の木材を食べることで、床の強度が低下し、歩くと沈み込むような感覚になります。この状態が続くと、床が抜け落ちる危険もあります。
  4. 壁や柱を叩くと空洞音がする: シロアリは木材の内部を食べ進むため、壁や柱の中が空洞状になります。空洞音が聞こえる場合、シロアリ被害が進行している可能性があります。

これらの特徴を見つけた場合、シロアリ駆除の専門家に相談することをおすすめします。

また、湿気が高い環境やエサとなる木材が豊富にある場所は、シロアリの発生原因となりますので、これらの環境を改善することも重要です。

シロアリの駆除は一軒家で何年ごとに必要?

シロアリ駆除の必要性は、その効果の持続期間とシロアリの活動性に大きく依存します。

一般的に、シロアリ駆除に使用される薬剤の効果は約5年間続くとされています。

したがって、理想的には、一軒家のシロアリ駆除は約5年ごとに行うことが推奨されます。

しかし、これはあくまで一般的なガイドラインであり、具体的なタイミングはシロアリの種類、侵入範囲、使用される駆除方法、そして地域の気候条件などにより変わる可能性があります。

例えば、一部のシロアリ種は1年間に複数回の活動期を持つため、これらの種類が問題となる地域では、より頻繁な駆除が必要となることがあります。

また、駆除だけでなく、定期的なシロアリの活動チェックや家屋の点検も重要です。これにより、シロアリの活動が再開している兆候を早期に発見し、必要な場合は駆除を早めに行うことが可能となります。

これは、シロアリの被害が広範囲に及ぶ前に対策を講じることで、長期的なコストを抑えるためにも重要です。

シロアリに家をやられたら家は壊れるのか?

シロアリに怯える女性のイラスト

シロアリによる家屋の破壊は現実の問題であり、その影響は極めて深刻です。

シロアリは木材を食べる生態を持ち、家の構造に重要な役割を果たす柱や梁を弱体化させます。これにより、建物の強度が低下し、地震や台風などの自然災害が発生した際に、倒壊する可能性が高まります。

シロアリ被害が進行すれば進行するほど、家の安全性が脅かされます。阪神淡路大震災の倒壊被害実態調査では、シロアリによる被害が進行していた木造住宅が、他の家に比べて倒壊しやすいことが明らかになりました。

シロアリによって家の構造材が弱っていたため、地震の揺れに耐えられず、倒壊するケースが多く見られました。

シロアリ被害の早期発見と対策が大切であることを再認識する必要があります。

シロアリの被害にあっている可能性が高いサインは、家の周辺で羽アリを見かけること、家の中に粒状のフンを見つけること、床がふにゃふにゃとした感触になること、壁や柱を叩いたときに空洞音がすることなどがあります。

シロアリ被害は、ただシロアリを駆除すれば解決するわけではありません。

定期的な点検やシロアリ対策が重要です。シロアリ駆除にかかる費用は、シロアリの種類や被害の程度、建物の構造などによって決まりますが、被害が拡大してしまった場合、駆除費用や家屋の修繕費用に数百万円かかることもあります。

シロアリは1年中活動しているので、春夏秋冬関係なくシロアリ駆除は行って構いません。

ただし、シロアリは梅雨が来る前の、5月下旬ころから活動を活発化させます。ベストシーズンは、3月下旬から5月上旬がおすすめです。

シロアリはどこから侵入してくるのか?

シロアリは、主に地下から侵入してきます。特に、ヤマトシロアリは主に土の中に巣を作り、地下から家の基礎を通じて侵入します。

また、イエシロアリは本巣を土の中に作ることが多く、そこから侵入することもあります。

さらに、アメリカカンザイシロアリは住宅の様々な木材の中に点々と巣を作り、そこから侵入することもあります。

シロアリは湿度が高い場所を好むため、湿度が高い場所や、木材と直接接触している場所から侵入することもあります。

また、シロアリはジメジメした場所を好み、床下の換気が悪かったり、雨漏りや水漏れを放置したりするとシロアリを呼び寄せる原因になることもあります。

さらに、ウッドデッキやウッドチップ、庭に放置されている木材もシロアリを呼び寄せる原因になります。

また、段ボールもシロアリの好物になりますので、屋外に段ボールを置いておくことも非常に危険です。

シロアリ駆除は必要ないのか

シロアリ駆除の必要性を軽視すると、その結果は非常に深刻なものとなり得ます。

シロアリによる被害が進行すると、家屋の構造的な安全性が脅かされ、最悪の場合、家が傾いたり、倒壊する可能性すらあります。これは自身の生活だけでなく、近隣住民にも影響を及ぼす可能性があります。

さらに、シロアリ被害が大きくなると、駆除や修繕に多額の費用が必要となります。

例えば、40年間シロアリ駆除を一度も行わず、被害が拡大した場合、駆除費用や家屋の修繕費用に300万~数百万円が必要となることもあります。

これに対して、5年~10年に1回のシロアリ調査・駆除を行うと、一般的には1回につき15~30万円ほどの費用がかかります。つまり、定期的なシロアリ駆除を行うことで、大切な住まいを守りつつ、多額の修繕費用を抑えることが可能となります。

したがって、シロアリ駆除は、家の価値を保つため、また、将来的な高額な修繕費用を避けるためにも、絶対に必要な対策と言えます。

シロアリ駆除に関するよくある質問

シロアリ駆除に関するよくある質問を紹介します。

Q1: 一軒家のシロアリ駆除の費用相場は何ですか?

A1: 一軒家のシロアリ駆除の費用相場は、一般的には9万~30万円程度です。しかし、業者の規模や工法によって費用は変動します。

Q2: シロアリ駆除は何年おきに行うべきですか?

A2: シロアリ駆除や予防に用いる薬剤の効果持続期間は約5年なので、5年を目安にシロアリ駆除や防除を依頼すると良いでしょう。

Q3: シロアリ駆除の費用はどのように決まりますか?

A3: シロアリ駆除の費用は、シロアリの種類、被害の程度、建物の構造などによって決まります。また、業者の規模やサービス内容、保証内容などによっても費用相場は変わります。

Q4: シロアリ駆除で値段が上がる、または追加料金が発生するケースは何ですか?

A4: シロアリ駆除で値段が上がる、または追加料金が発生するケースは、主にシロアリの種類、建物の構造、被害状況によるものです。例えば、特定のシロアリ種(「イエシロアリ」や「アメリカカンザイシロアリ」)の駆除、被害状況が深刻で木材交換や大工工事が必要な場合などが該当します。

Q5: シロアリ駆除の費用を抑える方法はありますか?

A5: シロアリ駆除の費用を抑える方法としては、複数の業者から見積もりを取り、比較検討することが有効です。また、定期的なシロアリ駆除対策を行うことで、被害が拡大し、修繕費用が増えるのを防ぐことも可能です。

シロアリ駆除の一軒家の値段についてまとめ

シロアリを寄せ付けない家

本記事のポイントをまとめます。

  1. シロアリ駆除の一般的な費用は10万円から30万円程度
  2. 駆除方法により費用は大きく異なる
  3. バイト式駆除法は費用が高いが効果は長期間持続
  4. 散布式駆除法は費用が低いが効果の持続性に劣る
  5. 駆除業者の選択は費用だけでなく信頼性も重要
  6. シロアリの種類により駆除方法と費用が変わる可能性あり
  7. 定期的な点検とメンテナンスが必要で追加費用が発生
  8. 一軒家の広さやシロアリの被害状況により費用は変動
  9. DIYでの駆除は初期費用は抑えられるが専門知識が必要
  10. 保険適用の可能性もあり、保険会社への確認が必要
  11. 駆除後の再発防止策も考慮に入れるべき
  12. 駆除業者選びでは見積もりの取得と比較が重要
目次